相続知恵ぶくろ[用語集]

改製原戸籍 [ かいせいげん(もしくは、はら)こせき ]

戸籍というのは国の都合で何度か書き換えられています。
その書き換えられた前の戸籍を改正原戸籍というのです。つまり、戸籍の様式などが変わったときに、新しい戸籍と入れ替わる昔の戸籍が[改正原戸籍]となるわけです。

※主な戸籍法の改正

・昭和32年・・・・・戸籍が2世代記載となりました。これ以前は戸籍とういのは家単位で編成されていました。

・平成6年~・・・・戸籍のコンピューター化。これにより戸籍謄本の正式名称が「戸籍全部事項証明書」となり、戸籍抄本が「戸籍個人事項証明書」と改められました。

ア行

カ行

サ行

タ行

ナ行

ハ行

マ行

ラ・ワ行

TOP
相続用語集