相続知恵ぶくろ[用語集]

不在者財産管理人 [ ふざいしゃざいさんかんりにん ]

遺産分割協議の際に行方が知れずに協議に参加できない相続人の代わりに選定される人のことをいいます。
不在者財産管理人は家庭裁判所で選任され、その役目とは本来相続する人の代わりに所有する財産を管理し、財産の目録を作成することです。遺産分割協議の書面に押印する際にも他の相続人が合意するのであれば、署名・押印することが出来ます。その際は不在者財産管理人の氏名で署名・押印することになります。もし、相続した財産が不動産だった場合は相続登記などの手続きも不在者財産管理人がとるのです。もちろん使用する印鑑は不在者財産管理人の印鑑証明されたものです

ア行

カ行

サ行

タ行

ナ行

ハ行

マ行

ラ・ワ行

TOP
相続用語集