相続知恵ぶくろ[用語集]

秘密証書遺言 [ ひみつしょうしょいごん ]

遺言の存在は明確にしつつも、その内容については開封時まで秘密にできる遺言です。公正証書遺言と同様に、公証役場で手続きを行います。
まず、遺言書を作成し(遺言者が自筆で署名・押印したものであればその他が自筆でなくてもよい)、封印、二人以上の証人の立ち会いのもと公証人の面前で、自分の遺言書である旨等を申述し、公証人が封筒入りの遺言書を確認します。
内容については公証人が関与しないため、法定内容について争いになる可能性があります。

ア行

カ行

サ行

タ行

ナ行

ハ行

マ行

ラ・ワ行

TOP
相続用語集