相続知恵ぶくろ[用語集]

遺産分割調停 [ いさんぶんかつちょうてい ]

当事者間での分割協議がまとまらない場合には、家庭裁判所の調停を利用することができ
ます。
遺産分割調停では、法律のプロである裁判官(1銘)と調停委員(2名以上)が、対立している共同相続人間の両分を分け隔てなく聞き、客観的な意見と妥当な分与案についてアドバイス・指導をしてくれます。

ただし、調停は裁判ではありません。
あくまで、当事者の話し合いによる円満解決が目的であるため、調停委員の調整案や指導に強制力はありません。

したがって、共同相続人の誰か1人でも、分与案に納得しない者がいれば調停は成立しません。

調停における協議が不調に終わると、自動的に審判手続きへ移行します。 
※審判とは一種の裁判で、家庭裁判所の裁判官が一定の事件について
審理をする手続きのことを言います。
審判は弁護士に手続きを依頼することも出来ますが、裁判ほど複雑では
ないので当事者同士で手続きをすることが出来ます。

一方、調停によって、共同相続人全員の合意が得られる分割案がまとまった場合には、その遺産分割案が調停調書に記載されます。
この調停調書には、確定判決と同一の強い効力があるため、調停調書に従わない相続人に対しては強制執行等により、内容の実現を図ることができます。

ア行

カ行

サ行

タ行

ナ行

ハ行

マ行

ラ・ワ行

TOP
相続用語集